産直品の買い出し

この日は暇だったので、弘前市まで食材の買い出しへ。

しかし行った時間が遅かったようで、お目当てのきのこ類はほぼ売り切れ。

残っていたのは、はたけしめじと天然マイタケのみ。

天然マイタケはまだ値段が高かったので、はたけしめじのみを購入します。

 

 

前回行った時に比べて、地元産の秋のフルーツが充実していました。

定番のりんごや桃以外には、

プルーン

 

ひめこ梨

日面紅という洋ナシですが、津軽エリアではひめこ梨、ひめんこなし、姫子梨と呼ばれます。

 

山ぶどう

 

あけび

 

他には、

毛豆

 

 

 

もうちょっと早い時間に行けばもっといろいろとあったと思います。

今日買ったひめこ梨

 

カットしてみました。

洋ナシにしては歯応えがあり、ジューシーです。

程良い酸味のある上品な味の梨です。

 

プルーン

種類は不明ですが、大きい方がより美味しかったです。

 

毛豆  すごく美味しい^ ^

黒目青大豆の一種で、青森県の主に津軽エリアで栽培されている在来種だそう。

 

以上、弘前での食材の買い物でした。

まら来週あたりキノコ買いにトライします。


松茸が届きました

先日購入した松茸が昨晩届きました。

それは岩手三陸産の国産松茸です。

 

とはいっても購入したのは正規品ではなく、“訳あり品”です。。

訳ありというのは、

・大きさはお任せ

・刷毛で払っているが若干の土付き

・割れや開きあり

 

さてどんな松茸が届いたのでしょう。

ちなみに送料込み10,800円です。

冷蔵で届きました。

IMG_4638.jpg

 

開けてみると、

枯草に覆われていてまだ見えません。。

この枯草はホダです。

ワラビの葉を天日干ししたもので、緩衝材として入っていますが、殺菌作用もあるようです。

独特の香りがあります。

IMG_4639-1.jpg

 

中を確認すると、松茸は大小含めて6本入っています。

つぼみの物、開いた物もあります。

それぞれ特徴が異なるようなので、調理法の選択肢が拡がります。

国産松茸でこれで10,800円ならお買い得なのだと思います。

そうそう買えませんが・・・。

IMG_4640-1.jpg

 

松茸ごはん、焼き松茸、ホイル焼き、土瓶蒸し、お吸い物、天ぷら、茶わん蒸し。

そんなところしか思い付きません。。

 

早速作ってみます。

一番大きい物でサイズは約12cm。


とりあえず土瓶蒸しに。

我が家には土瓶がなかったので、小ぶりの鍋で作ります。

IHが使えない鍋なので火にかけます。


出来ました。

具材は松茸、エビ、鶏、最後にみつば


これはかなり美味しい!

子供たちにもスープをあげましたが、やはり口に合わないようで、妻と2人占め^ ^

全部食べるのがもったいなく、朝食に少し残しときます。。


焼き松茸

炭火でやりたかったが、室内なので“ミニ焼き屋台”で。

松茸の味がよく分かります。


今日はこんなとこで終了。

残りはまた明日。


またバーベキュー

昨日は4連休の3日目。

“八甲田憩いのまきば”でバーベキュー。

今年ここでのバーベキューは3回目。。

 

まだ設置途中の画像。

今日は子供2人を含めて5人なので、コンロは七輪で十分です。

CIMG7244-1.jpg

 

屋外なので、油の多い魚も存分に焼けます。

このイワシは2尾で77円だったのでお財布にも優しい。。

しかしその後の焼肉の場面は、酔っているので撮り忘れ・・・。

CIMG7245.JPG

 

子供達も楽しそう。

もう9月下旬、そです青森でのバーベキューはいつまで出来るかな。。

CIMG7250-1.jpg

 

 

そして今日は4連休の最終日。

青龍寺で催されている“全国陶器まつり”に行ってみます。

IMG_4628.PNG

 

伊万里焼、有田焼、美濃焼、常滑焼、信楽焼、読谷焼、つが野焼、波佐見焼、肥前尾崎焼、瀬戸焼などが集まるそうです。

しかし実際に行ってみると、陶器問屋の集まりのような感じで見るべきものは何も無し。

早々に退散。。

CIMG7252.JPG

 

せっかくなので青龍寺を見学。

五重塔と枯れ山水

CIMG7254 (2).JPG

 

昭和大仏

CIMG7261 (3).JPG

 

その後、長浜ラーメンを食べようということになり、何度か行った“ぼ〜んず”でいただきます。

CIMG7262.JPG

 

一昨日の尻屋埼灯台へのドライブ、昨日のバーベキューの疲れが出て、体中がダルいのでもう帰ります。

こうして4連休は終了しました。


尻屋埼灯台へ

4連休の2日目。

この日は尻屋埼灯台を目指します。

尻屋埼灯台は青森県・下北半島の突端の尻屋埼にあります。

以前から一度は行きたいと思っていましたが、青森市内からは約130kmもあるのでなかなか行けません。

 

同行した後輩が日本三大霊場の恐山に一度行きたいと言っていたのと、妻ももう一度だけ行きたいと言っていたので立ち寄ります。

 

むつ市街を抜けて、山道を走ります。

しばらくすると、一気に視界が開けて宇曽利湖が見えて来ます。

そこには小さな川が流れ、赤い橋が架かっています。

この川こそ “三途川”です。。

CIMG7131.JPG

 

水の透明度は高いが、底が白いのは硫黄のせいでしょうか。

CIMG7126.JPG

 

その先に駐車場がありますが、今日はとても混雑しています。

昨年6月に来た時は雨天で寒くて、観光客も数組しかいませんでした。

CIMG7133 (2).JPG

 

駐車場から地蔵殿付近までは観光地の雰囲気ですが、そこから左手に進むと火山性ガスや火山岩に覆われ、荒涼とした地獄の世界が広がります。

CIMG7136.JPG

 

積み石の数々。

CIMG7143.JPG

 

しばらく歩いていると突然正面の視界が開け、宇曽利湖が見えます。

“極楽浜”という綺麗な砂浜です。

まさに地獄の世界を抜けて、天国にたどり着いたような感覚に陥ります。

この湖はPH3.5の酸性湖です。

ごく限られた生物しか存在していません。

“ウグイ”という魚だけは生息しているそうです。

CIMG7149 (3).JPG

 

風車と宇曽利湖

CIMG7155.JPG

 

最後に子供たちの記念撮影

CIMG7160-1.jpg

 

 

恐山を離れ、そろそろ昼食にします。

実は何軒か当たりをつけていましたが、日曜定休のお店が多く、その計画は無駄に終わりました。。

仕方なく適当に見つけたお店に入ります。

行ったのは “あかさたな”というスパゲティとピザのお店。

とても混雑していて15分程待ってから入店しました。

パスタのメニューは通常トマト系、オイル系、クリーム系などに分類されることが多いですが、こちらではしょうゆ味、塩味、みそ味などに分類されています。

しかし、みそ味のパスタって・・・。

残念ながらみそ味パスタは誰も注文せず、謎のままです。。

ここのパスタはとても太く、どの料理も正直微妙なのですが、地元客で賑わっているのでそれはそれで良いのだと思います。。

 

 

お腹を満たし、尻屋埼灯台を目指します。

ここからは35分程度で着くようです。

途中、後述する馬などが外に出ないよう設置されているゲートを通過します。

 

 

尻屋埼灯台に到着しました。

この灯台は明治9年に造られたレンガ造りの洋式灯台で、高さは30mあります。

レンガの灯台としては日本一の高さです。

この日は天気も良く、白い洋式灯台が真っ青な空に映えます。

CIMG7212.JPG

 

ここには“寒立馬(かんだちめ)”という自然放牧の馬がいます。

このような画像もネット上には落ちているのですが、あいにくこの日はこの辺りに寒立馬はいませんでした。

あるのは立派なフンばかりでした。。

 

せっかくなので入場料300円を支払い、灯台に上ります。

灯台の入口付近にあるレンガ。

このように二重のレンガ壁で外壁が組み立てられているそうです。

CIMG7194.JPG

 

上からの景観です。

CIMG7206.JPG

 

駐車場付近に一店の売店があります。

寒立馬のぬいぐるみなどのグッズが売られていて、食事も出来るようです。

CIMG7221.JPG

 

帰り道、例のゲート付近に寒立馬がいました。

寒立馬は青森県の天然記念物です。

遅くとも藩政時代から自然放牧に順応し、厳寒期の厳しい環境に適応した性質を獲得し、野性的風貌と生活力を身につけたといいます。

このような歴史的背景と生態的特徴を持った馬は他に例を見ないそうです。

一時期は9頭にまで激減したが、保護対策により今では40頭程に回復しています。

CIMG7222.JPG

 

愛らしい顔です。

CIMG7229.JPG

 

帰りに5頭の寒立馬を発見。

なかなか顔を上げてくれませんが、走っている姿も見られました。

CIMG7236.JPG

 

以上、恐山と尻屋埼灯台への旅でした。


今日から4連休

先日メルカリで購入したタイヤに交換しました。

ブリヂストンの“ALENZA001”からヨコハマの“AVID GT” への履き替えです。

サイズは235/55R19、RAV4の新車から外したタイヤです。

 

厳寒、豪雪の青森で、このM+Sでどこまで走れるのか。。

凍結路は到底無理なので、11月にはスタッドレスに替えますが・・・。

今日は取付けたディーラーから自宅まで市街地を2km程度走っただけなので何も分かりませんが、乗り心地やロードノイズは良くなった気がします。

ディーラーでは脱着、組み替え、バランス、廃棄まで11,000円でやってくれました。

 

 

ところで、今日のお昼は先日購入した“ミニ焼き屋台”でたこ焼きを作りました。

 

横着をして、たこ焼きの素を使用。。

使ったのはオタフクのたこ焼きの素。

たこ焼き粉、青のり、紅しょうが、イカ天かすも付属なのでとても楽チンです。。

ソースは“築地銀だこソース”を使いました。

IMG_4620.JPG

 

たこ焼きを焼くのは久しぶりです。

 

不慣れですが、何とか普通に出来ました。

子供たちと共同作業で楽しめるのが良い^^

 

 

この4連休はずっと天気が良いので、明日は“尻屋埼灯台”を目指したいと思います。

尻屋埼灯台って一体どこでしょう?

 

ここです↓

下北半島の最果ての地。

大間はフェリーで函館へ繋がりますが、ここはまさに突端です。。

青森市内から130km。

所要時間は2時間21分。

直線距離なら函館の方が近そう。。

 


中華弁当

店主が国家特一級厨房資格を持つという中華料理屋さんでお弁当を注文してみました。

ここの特選中華弁当には3つのグレードがあります。

 

全て税込です。

1,500円

2,160円

2,500円(お茶付)

 

私が注文したのは、その中のどれでもない税込1,800円の物。

この中では価格的に中の下に属します。

それでも普段の昼食の中で1,800円のお弁当というのは決して安いものではありません。

 

さてそのお弁当です。

第一印象は、容器が安っぽい。。

これに透明プラスチックの蓋があるだけで、蓋の上に紙を1枚覆って見栄えを上げる訳でもないので、やはり中の下の位置付けです。。 

 

内容は麻婆豆腐、エビチリ、八角の香りのする鶏唐、ピリ辛の揚げ物、ニンニクの効いた野菜の炒め、ザーサイ。 

どれも美味しいし、悪くないのですが、ぱっと見1,200円位に見えてしまいます。

やはり容器は重要です。

次の機会があれば、2,160円のお弁当にトライしたいと思います。


ミニ焼き屋台

5年ごとに行われる国勢調査の調査票が届きました。

調査票は手渡しなので、調査員の方は大変だと思います。

世の中には色々な人がいるので、受け取りたくない人、ドアを開けない人、国勢調査自体を知らない人もいるでしょう。。

今は郵送提出、インターネット回答も出来るのでお互い楽になりました。

今、インターネットで回答したら、10分足らずで終了。

 

 

メルカリにて“ミニ焼き屋台”を購入。

定価は3,500円ですが、送料込み2,200円と安価で購入出来ました。

 

たこ焼きプレート、網、グリルプレートが付属していて、たこ焼き、焼鳥、焼肉が出来ます。。

IMG_4604 (2).jpg

 

この連休は子供達とたこ焼きを作ります^^


スーパーのお寿司

昨日スーパーで買ったが、結局食べなかったお寿司。

この時期、お寿司を翌日食べるには冷蔵庫に入れるしかありません。

しかし一晩冷蔵庫に入れたお寿司はシャリが硬くなり、とても食べられたものではありません。。

そこで一工夫してみます。


容器パックの上にウェットティッシュを1〜2枚乗せます。(除菌用ではなく、ただ水に濡れただけのもの)

それをラップで巻きます。

手元にビニール袋があったので、効果は不明だが気休めにその中に入れます。


それを冷蔵庫の野菜室に一晩入れました。



翌朝、

いよいよラップを取り除きます。


お寿司がお目見え。

ちなみにこれは、880円のお寿司を半額の440円で購入したものです。


早速食べてみました。

過分に期待をしてしまうので、一口目は若干シャリが硬くなっているかなと感じましたが、それほどでもない。

全然食べられます!

2つ目以降は慣れもあり、全く気になりません。


作り立てを100点、買ってからすぐに食べた時を85点とすると、これは75点くらい。

及第点は確保といった感じです。

乾いた冷気さえ入らなければ、ある程度は保てるようです。


森伊蔵が届きました。

今日のお昼は打ち合わせを兼ねた昼食。。

注文したのは“盛り合わせフライ定食”。

ホタテ、エビ×2尾、イカ、カニクリームコロッケ入りです。

1,600円と安くはないが美味しい。


気になるメニューが多い。



ところで先月、森伊蔵酒販の電話抽選で当選した“森伊蔵 1800ml”が今日届きました。


当選と言ってもタダで貰える訳ではなく、定価で購入出来る権利が当たっただけですが・・・。

鹿児島から青森までの送料込みで、4,364円を支払いました。

 

メルカリでは16,000円程度で販売されていますので、転売する人もいるかも知れませんが、私は飲みます^^


半年に1本位のペースで当たってくれれば良いのにな。。

欲を出し、今月も電話4回線で申込みましたが、全てハズレました。。


新閣僚

小1の長男が6月から新極真会の教室に通っていますが、Membership Passportと会員証が届きました。

今後進級していろいろと書き込みが出来るようになればいいのですが・・・。

IMG_4577.jpg

 

開いてみると“新極真会の歌”があり、長渕剛さんの作詞作曲になっています。

考えてみると、代表理事の緑健司さんも長渕剛さんも鹿児島県出身の方なのでそんな繋がりもあるのでしょう。

 

 

ところで菅義偉総理大臣が誕生しました。

 

党役員、内閣人事の条件は、

“改革意欲のある人”

“改革に理解を示してくれる人”。

“仕事が出来る内閣”を作ると言っていました。

 

そして決まった閣僚の顔ぶれを見ると唖然とします。

これ程までに期待感のない内閣も珍しい。。

4役の絵面なんてもう滑稽というか、老人の寄り合いにしか見えない。。

派閥のトップや首相経験者には、能力のある人材登用や派閥内の後進の育成という概念はないのか・・・。

 

総裁選の決定プロセスも保身そのもの。

自身もしくは自身の派閥から閣僚に任用してくれる人を会派が結託して担いだだけ。

そしていつも国民不在。

 

 

今週の私は猛烈に忙しい。

コロナなんてどこかに吹き飛びました。。

コロナ禍という建前の下、実際は通常モードです。。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター
アクセスカウンター
スマホ
スマホ版
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM